水泳のときに気をつけたい白髪染め

プールに入るときに、色が落ちないか不安に思ったことはありませんか?心配で水に入らなかった、という人もいるかもしれません。プールの水に含まれる消毒用の塩素によって、脱色することがあります。ご自分の使っているもの特徴を知って、万全の対策を取りましょう。

プールでの対処法は使っているものによって違う
落ちにくくて長持ちするとされているジアミン系の白髪染めは、内部に色を浸透させますから、水に入っても急に色落ちことはありません。このタイプを使っている人はあまり心配しなくて良いですが、念のためキャップをかぶっておくと良いでしょう。

ヘアマニキュアは、塩素を含む水にはあまり強くないので、白髪染めと比べると色落ちが早くなります。そこで、なるべく塩素に触れないようにしておく必要があります。そこで役立つのがオリーブオイルなどのオイル。ごく微量で構わないので塗っておくと効果を発揮します。そのうえでキャップをかぶっておけば問題ないでしょう。

ヘアカラースプレーはNG
このタイプは、表面に着色剤を付着させているだけなので、シャンプーするだけで流れてしまいます。当然、プールの水でも簡単に色が落ちます。水泳のときは使わない方が良いですが、もし使ってしまったら、水に入るのは避けた方が良いでしょう。

このように、使用しているものによって、取るべき対策が変わってきます。他の人の迷惑にならないように気をつけながら、水泳を楽しみましょう。